葬儀後に気をつけるべきこと

一般的に葬儀後の香典返しは、喪主が忌明け後に挨拶状を添えて、香典の額の半分程度の品物を渡すことを指します。

葬儀後に気をつけるべきこと

葬儀後の香典返しについて

香典返しとは、一般的に、喪主が忌明け後に挨拶状を添えて品物を渡すことを指します。最近では、葬儀の当日にお返しを渡すやり方で、即返しや当日返しと言われているものもあります。ですが、忌明け後に渡すことがとても多いです。喪明け後というのは、具体的には四十九日法要の後を指します。四十九日や三十五日を満中陰といい、この日をもって忌明けと考えるからです。

具体的にお返しをする金額は、頂いた香典の額の半分程度の額に相当する品物を選ぶことが多いです。香典返しが別名半返しとも呼ばれている理由です。ただ、これは地域や宗派によっても異なっています。例えば、関西などでは、半分ではなく3割程度の金額のものをお返しと渡している方が多いようです。全国的には、半分から3割程度の額のものを渡すことがほとんどです。また、品物は特に決まりはありません。誰にでも使ってもらえるような実用品を選ぶ傾向が高いです。例えば、タオル、石鹸、紅茶、洗剤、佃煮、などです。個人でなく会社などに送る場合は、みんなで分けられるものも適しています。コーヒーセットやお菓子なども喜んでもらえます。他には、カタログギフトを選ぶ方法もあります。金額別にいろいろなコースがあるので、香典の額に応じて選ぶことができます。カタログギフトは、相手が自分で好きなものが選べるので便利で親切だといえます。ですが、香典返しは品物が送られてくるのが今までの通例ですので、年配の方にはあまりなじみがなく戸惑うかもしれません。

香典返しを送るときに、品物と一緒に同封するのが挨拶状です。挨拶状の文面には、弔問のお礼、香典のお礼、忌明けの法要の報告が書かれており、一般的に薄墨印刷をします。ギフトを扱っている業者に、香典返しの品物を頼むときに一緒に挨拶状を頼むケースが大半で、文章は業者が考えてくれます。ですが、故人の名前などの確認は重要ですので、必ず行ってください。確認できたら、業者がそれぞれの家へ郵送してくれて、香典返しの作業は終了となります。

近頃良く聞くキーワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう